売掛金を肩代わりしてくれるファクタリング会社がいろいろとありますが、会計上でいろいろと複雑化してしまいますので、その点は注意して記帳していかないといけません。
ファクタリング会社から振り込まれてくるときに、いろいろな諸費用が引かれてきます。
その諸費用の経理上の計上にも注意が必要になります。
振込まれる時に振込手数料とは別に、ファクタリング割引料というのが差し引かれてきます。
この割引料はどのように処理をしたらいいのか、勘定科目をどうしたらいいかですが、一般的には手形売却損や債権譲渡損という勘定科目で計上するのが一般的です。
他にも営業外費用として計上する会社もあります。
科目名に関しては、決まっていませんが税理士さんによってもまた違った勘定科目名で計上されるケースが多々あります。
ただ、計上するときに売掛金を肩代わりしてくれて、それに対する手数料としての出費だということがわかれば、勘定科目名に関してはそこまでシビアな扱いをする必要はありません。
こちらのサイトにはもっと詳しくファクタリングに関する情報が豊富にありますので、1度参照されてみてください。
わからないことが、直ぐに解決すると思いますので、おすすめです。

くわしくはここをクリック