知らないことを始めようとするとき、人はどうしても不安になります。
その不安を解消するには、とにかく情報を集めて知識を得るに限ります。
取引所で莫大な金額の不正取引があったことで一躍その名を知られることになったビットコインも、その仕組みを正しく理解することで不安感は後退します。
また、なぜ不正が起こったのかということや、今後の対策がどう取られていくのかといった課題についても情報を集められますし、自分なりに考えて理解を進めていけるでしょう。
そもそもビットコインには専用の取引所があり、ここでしかやり取りをすることができない仕組みになっています。
コインという名称から、実際に実物の通貨があるように思えますが、実際には仮想通貨や暗号通貨という日本語訳があることから推測できるように実物のお金があるというものではありません。
あくまでも取引所を通して、互いにお金の送受信を行って決済をする方法だと考えてよいでしょう。
日本ではこの不正がまず先に報道された形になったことからネガティブな印象となっていますが、取引所にはビットコインを利用したい人たちだけが集まってきますので、外国為替証拠金取引に似た環境だといえます。
需要と供給のバランスが保たれることにより、日々変動するレートで取引される仕組みは、外国為替証拠金取引や金取引をしている人にはより早く理解できるのではないでしょうか。
http://virturalcoinnews.com/