最近の日本では、女性の社会進出が進み、結婚の時期が遅くなる人も多くなってきました。
晩婚すると自然に、子どもを産む年齢も上がってきています。
そのため、不妊で悩む夫婦が多くなってきました。
年齢を高くなると卵子も老化してしまう事を知らない人もいます。
月経があるうちは、妊娠できると思っている人も多いのです。
なかなか妊娠しないという夫婦で、妻の体を調べてみたら、卵子の異常があり使えないという場合があります。
そのような場合には、卵子提供を使って不妊治療する方法もあります。
第三者の卵子を提供してもらい、夫の精子と体外受精させ、妻の子宮に移植します。
妻は、妊娠も自分の体で体感する事ができますし、出産も自分で体感する事ができるのです。
卵子提供での出産は、年々増えています。
日本では、実際に産んだ人が実子と、なる法律となっています。
戸籍には、しっかり実子として載せる事もできるのです。
日本人卵子ドナーは、日本人限定で20歳から32歳の健康的な女性となっています。
卵子提供は、どうしても子どもが欲しいという方の救世主かもしれません。
しかし、提供を受け治療を受けるとそれなりのお金が必要となります。
夫婦でしっかり話し合いをしてから、この方法を利用するか検討をして下さい。