これまで、みなさんは見た目で差別を受けたことはありませんか。
差別というほどではなくても、あの人は美人だから得だと思ったことはありませんか。
人間は理性を持った生き物ですが、それでも美醜で態度がずいぶん違うことがあります。
美しいと就職にも有利なためか、美しさによって平均年収も違ってくるという調査まであります。
これまで、美醜は生まれつきのものだと言われてきました。
しかし、今はお金さえあれば、美容整形を受けて十二分に美しくなることができます。
つまり、美しさをお金で買えるようになったのです。
親にもらった顔をと教訓する人はまだいますが、美しくなることは悪いことではありません。
美しくなることで人生が好転するのならなおさらです。
美しいことで待遇が良くなることはままあることです。
それなら、美しくなりたいと思うのは当然なのではないでしょうか。
もちろん、注意しなければならないポイントはあります。
昔からある安物買いの銭失いという言葉通り、お金で買うことができるものはよく品定めをして買わなければ失敗をしてしまいます。
普通の買い物なら笑って流せる失敗も、美しさとなると話は別です。
元に戻すにはかなりの労力と時間が必要ですし、戻らない場合もあります。
美容整形をするのなら、そのことをよく考えてクリニック選びをしたいものです。