生駒化学工業では、プラスティック製品の製造を介してエコロジーに貢献しています。
普段目にするマーガリンやお菓子の容器を量産しており、軽量かつ持ちやすいよう配慮がなされています。
また、飲料用の容器に至っては異なる材質を混入することで、賞味期限を延ばす効果だけでなく耐久性に優れたメリットを付与しています。
これらの製品が量産されるには、当社に設置される様々な成形ラインを稼働しているためで、いつでもクライアントのニーズに応える体制を敷いています。
中でも、タックタラベリングは独自開発した技術を生かして、製品の円周上にラベルを貼り合わせることが実現しました。
生駒化学工業では、おもに食品関連の容器を取り扱うことから、施設内にて品質管理にも徹底しています。
生産現場ではほぼクリーンルーム化に徹しており、ピンホールチェックや各種測定器などを駆使して、高い品質を維持しています。
現在では、幅広い分野からの顧客の依頼を請け負い、社員一同が達成感を感じることができる職場づくりに邁進しています。