田舎で土地を遊ばせている人にとって、太陽光発電はサイドビジネスとしてまさにうってつけです。
ただし、自然を相手に行うものですから、設置した後で機器の汚れや劣化は必ず起きます。
放っておくと、電力低下を招いてしまうこともあるので要注意です。
そこで、メンテナンス作業をどうするのかを考えておきましょう。
田舎で最も欠かせないのは、雑草対策ではないでしょうか。
パネルの周囲に生えてくる雑草は、手ごわい敵です。
そのままにしておくと草ぼうぼうになってしまいますから、季節に合わせて除草作業を行わなければなりません。
除草シートを貼ったり、砂利敷きを行ったりすることで、かなり手間が省けます。
しかし、シートや砂利を敷いたからと言って安心するのではなく、定期的に現地で点検することを忘れてはなりません。
効率的に発電するためには、パネルの清掃も必要です。
また、台風や嵐などがあった時は、必ず現場を確認しなければなりません。
万が一機器に破損があった場合は、速やかに補修も行います。
現状では、太陽光発電は個人でも気軽に始められるものの、その後、現場の把握や管理は少し負担に感じられる場合が多いです。
点検や修理は、プロにゆだねたほうが安心できます。