通貨は基本的に政府が価値を保証して流通しますが、ビットコインは全く新しい概念で世界中に流通している新しい通貨です。
非常に大きなメリットとして、事実上世界共通通貨であるため、両替が不要です。
両替する必要がありませんから、国をまたいで送金する際に、両替手数料や送金手数料が発生しません。
日本国内の銀行間送金であっても、基本的に送金手数料が発生する事を考えると、これは非常に画期的なことです。
インターネットバンクの普及により、日本国内の銀行間送金、振り替え手数料は、個人レベルではかなり節約が可能になりました。
しかし、企業間の送金手続きで金額が大きくなる場合は、従来の手数料が発生する場合がほとんどです。
国をまたいだ送金の場合、少額の送金でも3000円以上は手数料が必要になります。
金額が大きくなると、手数料はさらに膨れ上がります。
通貨は政府、つまり国がその価値を保証するため、国をまたぐ送金手続きは通貨を両替する必要があり、その手数料が大きいのです。
ビットコインは、基本的には送金手数料は必要ありません。
これは国内間の送金も、国をまたぐ送金でも同じ扱いです。
両替も必要ありません。
ですから、両替手数料は不要です。
一般の価値と比べて圧倒的に有利です。
CoinPortal | ビットコイン情報サイト