現在、車業界は、現地化とグローバル化という一見相反する課題に直面しています。
車社会はすそ野が広く、国家の基幹事業として位置付けられていますが、物を作り輸出して儲けるという図式がすでに成り立たなくなっています。
為替や国ごとの安全規制に対応するには、現地生産が一番効率的です。
現地生産するには、現地の従業員を増やさなければなりません。
海外スタッフの比重が高くなれば、グローバル企業化がすすみます。
世界的サプライヤーのボッシュグループでもそれが起こっています。
外資系のボッシュ・ジャパンは、ボッシュグループにとって、アジア・太平洋地域に販路を拡大するための重要な役割を果たす存在です。
これからASEAN諸国に現地拠点を増やすためには、日本のボッシュ・ジャパンに有能な人材を集めなければなりません。
企業の現地化とグローバル化が同時に起こっているわけです。
ボッシュ・ジャパンが採用を強化するのは、このような事情があるからです。
ボッシュ・ジャパンは、外資系らしい風通しの良さと、効率的な育成プログラムで社員のキャリア開発をサポートしています。
離職率は1%台と定着率の高い車業界のなかでもかなり低く、社員にとって働きやすい会社に違いありません。
スタッフを増やそうとしている今は、車業界のなかでもすぐれたボッシュグループに参加できる絶好の機会なのではないでしょうか。