最近の電気料金が高いと感じている方はいませんか?その大きな原因として、東日本大震災が大きく影響しています。
東日本大震災で、原子力発電所が爆発して放射能漏れをしたことがきっかけで全国の原子力発電が全て発電中止となりました。
これが原因で他の発電で賄うことになりましたが、その為、原料費が高くつくことになり、電気料金を値上げしなければ行けなくなったのです。
その後、電力の供給も安定してきて、まだ全部の原子力は再開していないのですが、原油価格が下がっています。
こうした安定した電力と原油価格の低下で各社利益を出す事に成功しています。
電気はほとんど独占的な販売で、利用者が自由に選択することが出来ないのが今の状況です。
ですが今後は電力自由化が行われるので、私たちが自由に電力会社を選ぶことが出来るようになります。
今までは電力会社のみの販売でしたが、自由化にともない新規参入する企業が増える為、各社でサービスや価格の競争が繰り広げられます。
そうすると、お得なのは私たち消費者ですね。
組み合わせ方やどうやって電力をまかなうのかを自分で決められるだけではなく、リーズナブルな価格で利用する事が出来るようになるかもしれません。