2016年4月から一般家庭でも本格的に始まる電力自由化は、電気代を節約する大きなチャンスです。
今までよりも安い電力会社を選んで電気を買うことができるのですから、電力会社の乗り換えだけで節約ができてしまうことになります。
ただしそれだけでは誰もがやれることなので、節約上手とは言えません。
そこで電力自由化と絡めてどんな節約ができるか、考えてみました。
家電製品に囲まれた生活の中、まずはどの家電がどのくらいの電気を必要として動いているかを知ることが大事です。
炎が出ないことから人気のIHクッキングヒーターは、専用の電気回線を引く必要があるほどですから、かなりの電気代を必要とするように思えます。
けれども意外と使ってみると短時間で調理ができるので、それほど電気料金がかからないものです。
そこへもってきて、非常に消費電力が少なくて済む電子レンジの特徴を知っていれば、料理の下ごしらえは電子レンジで行うことでますます節電につながります。
料理以外でもたくさんの電気を使用していますが、食べることは一日三回、毎日続くことなので、ここに目を付けて上手に家電製品を使うと、電力自由化の恩恵と共に節電効果が感じられるでしょう。http://denryoku-jiyuka.net/articles/qAX6j