紙幣や硬貨のような、目に見える形での通貨がないお金、ビットコインはインターネット上でのみ存在する事から、仮想通貨と呼ばれています。
恐らく日本人と考えられている、匿名の人物が著した論文をベースにして、2009年から流通し始めています。
日本の通貨である円は日本銀行が製造、流通させていますが、通貨を製造する中央銀行が存在しないというのが最大の特徴です。
世界中で広く受け入れられた理由の一つに、お金の流通コストが非常に安価である事が挙げられます。
日本ではクレジットカードの1回払いは手数料無料と思っている人が多いですが、決済手数料は3%から5%程度発生します。
日本の場合は小売店やサービスを提供する側がクレジットカード手数料を負担するのが一般的ですが、日本以外の国では消費者がクレジットカード手数料を負担するケースが多いのです。
クレジットカードの手数料と比較すると、ビットコインの決済手数料はほぼ無料となります。
現金代わりにクレジットカードを使うアメリカやヨーロッパ諸国で、ビットコインの利用が広がったのにはそういう背景があります。
その後、中国元の海外持ち出しに規制が多い中国で利用が広まり、仮想通貨として世界に広まっているのです。

最近の記事

トランクルーム利用のトラブルを回避するためには

FAST RPAコボットで変わる派遣会社の業務

鮮度の高い水産物をお求めの方はいずみホールディングスへ

美しい体をつくるためにスポーツを始めよう!